引越しの当日にやること

部屋を引っ越すにあたって、それまで暮らしていた家が借家の場合は原状回復の義務というものが生じてきます。

この原状回復義務は、家を借りていた時に傷つけた箇所や室内の壊してしまったものを住む前の状態に戻す為のお金を払う義務のことで、通常はその費用を敷金から差し引かれて、余った金額が返還されるといった形になります。
引越しの当日にやることは2点です。
まずは、出ていく部屋では荷物を運搬後に管理会社の立ち合いで部屋の実情を調査することです。
ここで大きな汚れや傷を確かめますが、このチェックが敷金での保証や別途クリーニング費用の請求に左右します。
新しい家ではガスの元栓を開けることが必要です。
これは業者の立ち合いが絶対です。
引越しをする時にはいろいろと手続きが必要ですが、働いている場合に面倒なのが市役所で行う手続きです。
住民票を転入や転出などの手続きがあるので、少なくとも二回は行かなくてはなりません。
市役所は平日しか開いていないので、引越しの他にまた休みをわざわざ取らないといけないといった羽目になります。
引っ越しが終わったら、最初にネット回線を開設しなければなりません。
今まで契約していた会社を使うことが可能ならばいいのですが、引っ越し先次第では現在使っている会社を使用不可能な場合があるので、引っ越す前に調べておくことが肝心です。
ネット回線会社に尋ねてみると、答えてくれる場合もあります。
東京から埼玉へ転居した時、予定時間が十分でなかったため、荷造りに一苦労でした。
転居する日は決まっているのに、荷物がまとまりません。
終わるのが間に合わなかったらどうしようかと不安がおさまりませんでした。
結局、友達に三千円で、一肌脱いでもらいました。
住居を移転すると、電話番号が違うものになることが出てきます。
同じ市区町村内の引越しの場合でも、収容局が変更になると、従来の電話番号が使用できなくなるでしょう。
電話番号が変わったというアナウンスを流してもらえますが、新住所と共に新しい電話番号も必要なところには伝えておいた方がいいです。
引っ越しにかかる費用は、割引になることも少なくないのです。
私の引っ越し料金もそうでした。
1人分の荷物しかないということで、小さなトラックを使った作業となり、それに応じて値段が安くてすみました。
しかも、荷物をまとめる作業もほとんど自分で済ませたため、想定していたよりもずっと安い金額におさえることができました。
引越し業者へ引っ越し依頼をすると、見積もりを出してくれます。
問題はないケースがほとんどですが、一応の確認を取っておくことをオススメします。
その見積もりに含まれていない内容は、追加で費用がかかってしまう場合もございます。
何か疑問があるときは、できるかぎり契約前に、質問してください。
引越しを業者に要望する場合、衣紋掛けにかかっているコートなどの服を事前に脱いで畳んだりしておくことは必須ではありません。
業者がハンガーがかけられるビッグな段ボールを持ち込んできてくれて、それに入れてそのまま、トラックで運送してくれます。
シワも印されないので、いいですよね。
家を移る際、大型自動車を停止したり、積荷を通路に置いたりするため、あらかじめ隣の方に挨拶に行くのが通常のことです。
車の乗り降りや通行の支障になりますので、あらかじめ同意を得ておくとその後のトラブルも防げます。
引越し会社に依頼した時は、そのような事も代行してくれます。
引っ越しを行う時の手続きの一つに、転出届の提出があげられます。
ただ、その申請が必要なのは現住所と新しい住所が違う市長村の場合です。
同じ場合は、転居届の申請が必要です。
届け出るタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定後すぐなど、地域によっても違いますので、早めに調べておきましょう。
引越し先でも今までと変わらず同じ母子手帳が使用可能です。
転出時に手続きは不要ですが、妊婦健診に使う補助券などは各自治体によって違いがあるので、転入先の役所で問い合わせましょう。
産後の際は、住所変更の時期によって乳幼児健診のタイミングがそぐわない場合があるので、受けなかったという事がないように気をつけてください。
引越し業者に依頼せず自力で行うケースがあるでしょう。